【松坂城跡(松阪公園)】2/3 城内|三重県松阪市

kazetokimati

-

松坂城跡(松阪公園) 本居宣長旧宅・本居宣長記念館入口の門の画像


【松坂城跡(松阪公園)】2/3 城内|三重県松阪市
2021.06








本居宣長旧宅(国指定特別史跡)・本居宣長記念館



本居宣長旧宅及び本居宣長記念館は松坂城跡(松阪公園)にあって有料で見学出来る施設です。

本居宣長(もとおり のりなが)は、江戸時代の国学者・医師で国学という学問を確立した。医業を営む傍ら日本最古の歴史書「古事記」を研究し、『古事記伝』を執筆した。

本居宣長旧宅は、本居宣長が亡くなるまで暮らした家で、1909年(明治42年)に保存のために松坂城跡に移築された。
この旧宅は1691年(元禄4年)に建てられたもので、歴史を感じる。この建物の2階に「鈴屋(すずのや)」と呼ばれる本居宣長の書斎が有りますが、通常は公開されていません。

詳しいことは:http://www.norinagakinenkan.com/suzunoya.html




右は本居宣長旧宅・本居宣長記念館入口の門、左に少し見えているのが御城番屋敷(国指定重要文化財)。



ここから先は有料の施設



本丸跡から見た本居宣長旧宅







本居宣長旧宅(国特別史跡)




本居宣長旧宅跡(国特別史跡)





建物内部
誰もいなかったので、写真を撮りすぎました。














松阪市立歴史民俗資料館


松阪市立歴史民俗資料館は、明治に飯南郡図書館として開館し、その後、昭和53年(1978)に新しい図書館が建てられたため、「歴史民俗資料館」に改装されています。本館および倉庫(内部非公開)は国登録有形文化財に登録されています。







関連記事
スポンサーサイト