お茶畑から四日市の街並やコンビナートを一望する|三重県四日市市川島町

kazetokimati

-

四日市市街の画像


お茶畑から四日市の街並やコンビナートを一望する|三重県四日市市川島町
2022.07


一年くらい前に道を調べていて偶然発見した場所。丘陵地にある普通の段々畑で撮影ポイントでも何でもない所でしたが、四日市が一望出来そうでしたので、他にも目的があり見に行ってみました。


この場所にはこの写真のようなまっすぐ登っていく道が3つありそれぞれ四日市を見晴らすことが出来ます。




1番目の見晴らし
四日市の中心地である近鉄四日市駅の辺りです。
望遠圧縮効果で都会に見えるのが面白い。
思ったとおりの展望でしたが、いずれの場所でも電線があるのが残念でした。また当日は空が霞んでいて白かったのも残念な点でした。秋や冬の空気が澄んでいるときであれば知多半島や名古屋方面も割とハッキリと写ると思います。




少しだけあるお茶畑を手前に配置して撮影。




四日市港霞埠頭の方向。
大きな煙突は川越火力発電所、四角い建物は四日市港ポートビル。ガントリークレーン等でかい港湾施設も見えている。その先かなり霞んでいますが、名古屋港の辺りも見えていると思います。




2番目の見晴らし
ここは手前にはお茶畑はありません。
こちらのでかい煙突は四日市火力発電所。




やはり電線は避けられない。




3番目の見晴らし
近鉄四日市駅の方向。少しずつ見え方が違う。




こちらは第3コンビナート霞ヶ浦地区の方向。
四日市ドーム(銀色の建物)の向こうにある霞コンビナートは手前の建物に隠れてほとんど見えませんでした。




四日市港霞埠頭の方向。







ここを訪れたもう一つの目的がこれです。
2022年8月28日に開催された第35回四日市花火大会をここで狙えないか下見を兼ねて見に行きました。約10kmの距離ですが撮影できそうでしたので、ここから当日は撮影しました。こちらは「第35回四日市花火大会」に続きます。




下の方には田んぼがあります。街はあまり見えなくなりますが、下を流れる鹿化川には桜並木があり春にはきれいな景色が見られるかも。








関連記事
スポンサーサイト