③九鬼の町並み|三重県尾鷲市

kazetokimati

-

九鬼町の画像


③九鬼の町並み|三重県尾鷲市
2022.08



「②九鬼神社」の続きで③九鬼の町並みです。
三重県は南北に細長いかたちをしています。同じ三重県でも私の住んでいる県北部と南部の尾鷲までは直線で100kmくらいの距離があり近隣の県に出るより遠い場所です。



海沿いに建ち並ぶ住宅。
熊野灘沿岸のこの地域はリアス式の海岸になっています。九鬼町は入り江内にありますが台風がよく通過する地域でもあると思うので少し心配になります。








住宅街の通路は海岸線の広い道路とは違い、まるで入り組んだ迷路のようです。





迷路のような道でスマホのナビがうまく機能せず、下から見えているのですが鳥居の所にある神社にたどり着くことが出来ない。若宮八幡神社と左の山門が真巌寺。



迷っている内に列車の時刻が近づいてきたので、諦めて帰ろうとウロウロしていると偶然に真巌寺と若宮八幡神社に通じる道に出ましたが、もうお参りする時間がなく、高台にある真巌寺の前から町並みだけ写真に撮りました。次の列車を逃すとその次は2時間ほど待つことになりますので必死で駅に戻りました。




JR九鬼駅




秘境感のある駅。
列車での長旅も最近はスマホやタブレットのおかげで退屈せずに済むのでいいです。







関連記事
スポンサーサイト