伊勢湾の海辺の風景(夏から秋) ③朝焼けと虹|三重県鈴鹿市

kazetokimati

-


「三重の風景」
伊勢湾の海辺の風景(夏から秋) ③焼けと虹|三重県鈴鹿市
2023.08



凄い焼けの日でした。


いつもは見た目以上にカメラが良い焼けの色に写してくれるのに、この日は肉眼のほうが凄かったです。綺麗というよりは、ちょっと怖くなるような焼けでした。







段々との様子が変化してくる。




直接の影響はなくても例年8月から9月にかけて日本近海を台風が通過するたびに海岸には大量のゴミが漂着します。そのためこの時期は海岸はゴミだらけになりますが、年末にかけて綺麗にしてもらっているようです。




赤からオレンジ色に変化してきました。







振り向くと二重の虹が出ていましたが、下の方だけでした。




そして、雲の間から日が出てきました。今年の夏は少し不気味で不安感を覚えるような朝の空が多かったように感じます。







→【伊勢湾の海辺の風景(夏から秋) ④テトラポッド(消波ブロック)の海岸 No.1<千代崎港>|三重県鈴鹿市】へ
ココ【伊勢湾の海辺の風景(夏から秋) ③朝焼けと虹|三重県鈴鹿市】
←【伊勢湾の海辺の風景(夏から秋) ②不気味な朝の空|三重県鈴鹿市】へ

関連記事
スポンサーサイト